「逃亡者」公演概要

公演日程(予定)  


         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
13:00               
18:00       休演                               
19:00                          


チケット料金(予定) S席 8500円  A席7500円  Box席(2席)  17000円

チケット発売日(予定)  2005年10月7日(金)


キャスト

古谷一行(夫)
坂口良子(妻)
石井里弥(娘)
塩野魁土(息子)

桂憲一
市瀬秀和
ウガンダ・トラ

金山一彦
浅野雅博
古賀天馬
有馬光貴
安原義人(声の出演)

友井雄亮
伊東千啓
信川清順


スタッフ

脚本 : Joseph Hayes
翻訳 : 新井知行

演出 : 釜紹人


作品紹介

ジョセフ・ヘイズが実話を元にして書いたこの原作(THE DESPERATE HOURS)は、
1955年、「ローマの休日」「ベン・ハー」など傑作を残しているウィリアム・ワイラー監督によって
アメリカで映画化され、日本でも「必死の逃亡者」として公開された。

閑静な住宅街の平凡な家庭に突然3人の立つ脱獄囚が押し入ってくる。
突然起こった事件にパニックに陥った家族と「凶暴性を持つ脱獄囚との
息がつまるようなやり取り。
一方わずかな手がかりから3人の所在を割り出していく警察の捜査。
全体の構造はこのようにシンプルでありながら、犯人・人質・捜査班といった
それぞれの立場の人間たちの、微妙な心の変化や思いが台詞にうまく描かれている。
極限状態に陥った時の人間の生き様を描いたこの作品は、
舞台という限られた空間で演じられることにより、
恐怖を煽るだけの単なるサスペンスではなくより濃密な心理劇として、
観客は張り詰めた意図の行方を最後まで堪能するに違いない。